FC2ブログ
VS隊 2009年夏の遠征 まとめ(NO.1)
こんばんは
Bチームの様子をブログでお伝えしていたKです。(殆どの更新は私がやっていました)

さて、2009年VS隊夏の遠征も15日に終了したので、このブログもまとめに入ります。

NO.1では8月11日~12日の内容をご紹介します。
※11日の写真はデジカメで撮影していたためにほとんどありません。
そのデジカメが遠征中に故障のため現在は修理中です。そのため、携帯電話に残っている写真のみを公開します。


<8月11日>(天候:曇りのち晴)

nemui3.jpg

早朝の5時、二見公園に集合したメンバー。
この写真を撮影した後に、出発準備を済ませてJRの駅に向かった。


この後、東海道本線→片町線→関西本線というルートで進んでいきましたが、木津~加茂間で列車に乗車中に車内放送を聞いてハプニングが発生したことに気付く!

昨日(10日)の集中豪雨の影響で乗車予定の加茂~笠置間で落石の可能性があるために列車の運行がSTOPに....


困りながら加茂駅に着くと、JR西の社員の人に誘導されて隣駅の笠置駅までの代行バスに乗車。
そのバスで笠置駅まで移動しました。

バスが笠置駅に着く直前に自分(K)はチラッと列車が発車していくところを見てしまい、嫌な予感はしていましたが....


CAQDZ9CK.jpg

予想は的中、乗車する予定だった列車が行ってしまい、結局40分ほど笠置駅で待たされて列車は出発しました。

乗車したのはいいものの、途中で徐行運転したりで予定より1時間以上も遅くに亀山に到着。
ここから先はJR東海の管轄。


JR東海の区間でも、当日の朝に発生した東海地方の地震の影響で列車が遅れたりして....


関西本線→中央本線で長野県の松本へ。
塩尻からはJR東日本の管轄になってます!


この日は列車が松本に到着するのが遅れたのも響き、予定していた松本城見学もできず...
その後、大糸線に乗車し目的地である信濃大町に到着。


信濃大町駅からは、この日の寝床を探すのにとても苦労しました。とても辛かったです。


<8月12日>(天候:晴)

朝から信濃大町→白馬へ大糸線で移動

CASEEAJ2.jpg
白馬からは松本電鉄バスで移動し、小谷村にある栂池高原へ...
いすゞ+西工の車両で、年季も入りいい感じの車両でした。


CATRH0SA.jpg
栂池高原バス停からはゴンドラに乗車。
関西でいう、新神戸ロープウェイ位の大きさのゴンドラでした。


Ckuhfiif.jpg
ゴンドラからは白馬連山が!
この日、晴れていて本当によかったです。(ちなみに、次の日の白馬は曇りでした。)


CAZTZW4m.jpg
ゴンドラ~ロープウェイと乗り継ぎ、栂池自然園まで行きました。
そこで3~4時間ほど散策を楽しみ、展望台からは白馬連山が綺麗に見えました。
(周りのガスが消えて、このようになるまでには30分ほど待ちました...)


mimi.jpg
栂池自然園へ行った後はバスで白馬村に戻り、白馬八方温泉「みみずくの湯」というところに行き汗を流しました。
露天風呂からも山が見れて綺麗でした。



この日の寝床は案外すぐに決定し、ゆっくりすることができました。

しかし、夕飯の味噌汁が....あぁ


とりあえず、まとめNO.1は終わります。
続きはまた更新します。


<ご覧の皆様へ>
ブログ訪問やコメントなどありがとうございます。
まとめに入ってしまいましたが、コメントいただけると幸いです。


担当:K
スポンサーサイト



2009/08/17(Mon) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
金沢到着(A、Cチーム)
金沢駅に到着しました。
今から羽咋駅へ向かいます!

なぜか写真が載せられないので文章だけで申し訳ないです..m(__)m
2009/08/14(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
A、Cチーム出発!

たった2人ですが、今からBチームのいる石川県まで行ってきます。
写真はまたあとで…
2009/08/14(Fri) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
富山駅
富山駅につきました
街を散策して楽しかったです
2009/08/13(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
何者だ!?曲者か!?
1250121605-090813_080309.JPG
本日の朝、白馬駅で待機していると何か見覚えある人達が...


曲者かと思いきや、N隊長とT副長でした。



今日の一言、眠い......


担当:K
2009/08/13(Thu) | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
 ホームに戻る  次のページ